【威厳か不潔か】髭が相手に与える”心理的影響”とは?

2015年01月06日

こんにちは、男の髭脱毛.comの編集部員です。

髭についてリサーチをする毎日なのですが、今日も面白い記事を見つけました。

威厳か不潔か。髭が相手に与える心理的影響とは?

ビジネスマンの方で、髭を生やしている方を見かけたことはないでしょうか?

心理学的見地からは、以下のように見えているようです。

「無精・背伸びしようとしている」

N912_atamawokakimushiru500-thumb-750x500-1846

 

 

 

 

 

 

 

 

※ただし、”すでに社会的に成功していたり、軌道に乗っている、あるいは自分に納得している人の場合に限っては、髭は『余裕』や『威厳』としておおむね良い方向で、好意的に受け止められる確率が高いと思います”だそうです。

また、恋愛においても記事中では言及。

髭を生やすのであれば、付き合ってからでも遅くはないのでは、と。

やはり、だらしがなく思われたり、清潔感にかけたりするように思われてしまう恐れがあるようです。

付き合った後は、「あばたもえくぼ」効果が狙えるかもしれない!と記事では紹介されています。

が。。。あばたのえくぼって。。。(どんな欠点でも長所に見えるということ。。。)

やはり、しっかりとした自身のブランディングができていないと、

いい印象を持たれる髭を生やすのは難しそうです。

また、現代の若い世代にも好んで髭を生やす方々がいらっしゃいます。

その心理状況は、「自分の独自性、強さのアピール、背伸びというものを表現している」と受け止められることが多いそう。

なかなか、いい印象で生やすのは難しそうです。。。

 

 

髭脱毛 新宿 はコチラ / 髭脱毛 渋谷 はコチラ / 髭脱毛 費用 はコチラ

髭脱毛 方法 はコチラ / 髭脱毛 病院 はコチラ   / 髭脱毛 口コミ はコチラ