ダンディーハウス口コミ-30代 エステティシャン 東京都在住

2014年10月04日
dandyhouse 30代 エステティシャン 東京都在住
ダンディハウスに最初にお世話になったのは10年以上前。当時20代前半にも関わらず、髭の青味のせいでとても老けて見られてしまい、あだ名が『おっちゃん』だったのが本当にコンプレックスに感じていたからです。
当時は今程メンズ脱毛店があったわけではなく、有名な大手サロンとして聞いたことのあるメンズTBCと比べて見ようと店舗は当時の職場に近い大阪の難波店に。サロンは狭く、お世辞にも綺麗な内装とは言えませんでしたが、後に移転リニューアルし白を基調とした綺麗なサロンになりました。
最初にカウンセリングを受け、永久脱毛の説明をしてくれます。ダンディハウスが行っているニードル脱毛は唯一効果が永久であると認められたものであり、技術者もまた脱毛の資格をもった人間しかいないと言われ、大手はこういう所が安心できるのかもと思いました。お試しは当時の価格で30分5150円でしてくれました。一本一本丁寧に針を使って電気を流していくのですがこれがもの凄く痛くて痛くて、しかも時間がかかって処理できる本数もとても少ないものでした。ただ処理された所に関してはその場で抜いて処理する為に、見た目はすぐに青味がなくなります。
技術終了後、一つ一つの毛穴が蚊に刺されたようなハレと赤味が出たので沈静効果のあるパックで冷やしました。その後見積もりを出して頂いたのですが顔全体を薄くするのに80時間のコースでトータル120万と言われびっくりしてしまいました。コースだとサービス時間がつくので得は得なのだそうです。会員費3万とかケア商品をコース時間本数分も含まれた値段です。ただあまりにも毛深い量なので仕方ないのかなと、一大決心し、分割払いにてコースをスタートすることにし、1週間に一回のペースで通いました。
通うので大変に思ったことは予約した日はヒゲをピンセットでつまめる位の長さに残しておかないといけない事と、技術後の赤味や腫れが出るのでその後に人と会う予定を入れないようにすることでした。
一年程通いコース終了時には首回りや頬の毛などはかなりツルツルになり、髭剃りはごくたまに撫でるくらいになりました。見た目の青さがなくなったのがとても嬉しいですね。実は口周りの髭はまだ量があるのでつい最近もダンディハウスさんにお試しにいったのですが、以前と特に内容やコースなどは変わっていませんでした。
今は光脱毛やレーザーなどもあり一概にどれが良いとは言い切れませんが、サロンの雰囲気はとても豪華で、特別感を接客にも感じます。費用対効果を考えると、頬の毛の一部など、少しの量が生えている部位をなくしたい方にはとても良いと思います。